医療関連サービス|遠隔読影サービス

Message

「隣室の読影医」を目指して

弊社の遠隔画像診断サービスは、的確な所見、安定したレスポンス、多種多様な画像診断機器に対応した高品質な読影サービスを提供するのはもちろんのこと、最先端のIT技術を導入することで、真に読影医が隣室にいるかのようにご利用いただけます。

弊社は貴院のあらゆる画像診断を支援し、必要なときにドアをノックしていただければ、いつでもご相談に応じられる「隣室の読影医」を目指しております。

パラドックスの遠隔画像診断サービス

近年、CTやMRI等の機器の発達により、画像診断は非常に重要な役割を担うようになりました。
しかしそれとは裏腹に、地域医療の格差や放射線画像診断専門医の不足による画像診断の精度、効率の低下が深刻な問題となり、それを補完するような遠隔画像診断サービスは急速に発展してきました。それにより現在、大小さまざまな事業者がサービスを提供しており、なかには品質や価格に疑問を抱くこともあるかもしれません。

弊社の遠隔読影サービスはその品質と価格を両立し、貴院の診療向上のお手伝いができればと願っております。
現状の読影体制に疑問や不満を抱いておられましたら、ぜひ一度ご相談ください。

 高品質

放射線画像診断専門医による診断レポートは、臨床医様の心強い味方となり、見落としを防ぎ、施設様の診療品質向上に貢献いたします。また、レポートに関しては1行のみの所見や、医師による所見のばらつき等の無いよう徹底して管理しております。

 低コスト

価格が高く、導入に踏み切れない。だが安かろう悪かろうでは意味がありません。弊社では少しでも診療品質の向上のお役に立ちたく、価格面も努力させていただいております。

 顔の見えるサービス

電話やメールにてご質問、ご相談を受け付けております。また、内容に気になる点などがあった場合は、弊社読影医からご連絡をすることもあり、常勤の放射線科医と同等のサービス体制を目指しております。

 検診に強い

弊社では一般診療向け読影サービスだけではなく、検診向け読影サービスにも力を入れております。プロの目でダブルチェックを行い、検診の品質向上、また貴院のご負担を軽く出来るようなご提案をさせていただきます。

サービス内容

ご依頼を確認後、24時間以内にレポートを返却します。
(一般診療の場合)
検診読影につきましては、ご依頼を確認後、通常4日目の午前中までに返却しますが、ご希望に応じることも可能です。

月曜日~金曜日の9:00~18:00
(土・日・祝祭日は除きます)

依頼送信後、電話にてご一報ください。その後状況に合わせて最優先にてレポートを返却いたします。基本的には営業時間内での対応になりますが、その他ご要望がある場合はご相談ください。

基本料金

PACS等とDICOM接続をする連携運用

DICOM接続なしのスタンドアロン運用


<一般診療向け>

<検診向け>

・検診向けに関しては依頼件数や定期依頼等の条件により特別料金をご提案させていただきますので、別途ご相談ください。

・緊急対応も可能ですので、別途ご相談下さい。

・造影CTも同価格になります。

・CTCやコロナリー等の特殊検査や、左記に記載されていない単価につきましては、別途お気軽にご相談ください。

・標準的なプランの料金になります。その他プランもご用意がございますので、お問合せ下さい。

・左記の金額には消費税が含まれておりません。

 

導入の流れ

ご準備いただくもの

ご契約医療機関様には以下をご準備いただきます。

1.インターネットを利用できる環境

・インターネット回線の引き込みとプロバイダ契約
・インターネットの閲覧が可能な「固定」のIPアドレス

2.検査装置のDICOM通信設定

・画像送信用PCへDICOM画像を送信するための、検査装置側の設定作業が必要です。
※USBメモリなど記憶媒体によるDICOM画像のやり取りも可能です。
※詳細は検査装置メーカーへお問い合わせください。

3.各種消耗品

・プリンタ用紙、トナーなどの消耗品

(株)パラドックスからお貸し出しするもの

サービスに必要な機材は(株)パラドックスからお貸し出しします。機器の不具合、故障などの場合にも迅速に対応します。

機器構成例
導入までのフロー
見積もり・商談
●現地環境、院内システム連携の有無等をお聞かせいただいた後、お見積書を作成します。

契約・発注
●契約書・注文書を準備いたします。

現地調査
●設置環境の調査を行います。
●インターネットの接続状況やLANの配線状況などを確認させていただきます。

機器準備・運用調査
●必要な機器(画像送信用PC・スキャナプリンタ・VPNルータ)は(株)パラドックスがお貸し出しいたします。
また、院内システムの連携の調査を行います。
●目安:10日程度

導入事例

社会医療法人 南信勤労者医療協会

諏訪共立病院

諏訪共立病院様HP

http://www.skhp.or.jp/

<諏訪共立病院様ご紹介>

諏訪共立病院様は,「患者さん、利用者さんの立場に立ってだれもがいつでも安心して受けられる医療、介護、福祉を目指す」の理念のもとに1974年の開院から地域医療の充実に貢献されております。現在は、高齢者医療を中心とした総合診療を軸として、医療・福祉の様々な分野で他の医療機関・福祉施設・行政と連携して、質の高い医療を提供されております。

<ご利用状況>

2014年に弊社の遠隔画像診断サービスを導入し、CT撮影全件のお手伝いをさせて頂いております。

<諏訪共立病院様コメント>

パラドックス社の遠隔画像診断は他社と比較しても引け を取らない内容となっているため、放射線科専門医がいない当院では非常に重要な役割を果たしています。 検査手技や機器的な条件などに不安を感じた場合においても、読影医が常駐しているため、相談がしやすく常に付加価値の高い適切な画像を模索出来るようになりました。更には緊急読影や読影結果に対する質問も臨機応変に対応して頂けるため、とても満足しています。

医療法人社団 昌栄会

相武台病院様

相武台病院様HP

http://www.smg-net.com/soubudai/

<相武台病院様ご紹介>

「地域に求められる、優しさと思いやりのある医療と介護」を理念に、急性期から慢性疾患まで幅広く対応されております。 救急指定病院として二次救急医療に対応しながら、昨今の医療情勢、特に高齢化社会について真摯に受け止め、介護老人保健施設の設置など高齢者医療に力を入れております。また在宅医療にも積極的に取り組み、訪問看護ステーションや訪問リハビリテーション、グループホームや小規模多機能型施設、居宅介護支援事業所を有し、将来の在宅復帰を見据え、介護・医療ともに万全の支援体制で地域の安心・安全に貢献されております。

<ご利用状況>

弊社の遠隔画像診断サービスを導入後、入院・外来を問わず定期的に読影のご依頼をいただいております。主にダブルチェックやセカンドオピニオンとしてご利用いただいており、放射線診断専門医の所見を参考にすることにより、医療の質の向上に貢献させていただき、また患者様だけでなく勤務医の方々の不安や負担を軽減し、QOLの向上にも役立っております。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

サービスに関するご質問などございましたら、お電話 03-3505-2422 いただくか、
フォームよりお問い合わせください。